NEWS

医学博士 石川善樹 × 登山家 栗城多史  NO LIMIT 対談

弊社石川と、登山家冒険家の栗城多史氏が、1/17(日)に対談を行いました。

大盛況の対談内容を、ご紹介します。

 

DSCF1722

 

エクストリームスポーツ(=極限状態でのパフォーマンスを求められるスポーツ)の1つである、

8000m級の山へ無酸素で登る登山。

大自然と向き合う栗城氏は、

普段の生活や気持ちの置き方が登山に大きく影響する、という。

 

死と隣り合わせの登山。いくら努力しても勝てない大自然。

そのような極限状態にいるからこそ、並外れた「集中力」が必要となる。

 

最もリラックスした人と、最も集中している人の脳内は一緒であることが、

最近の研究では明らかになっていることをご存知だろうか?

 

その状態を作り上げることを可能とするものが、マインドフルネストレーニングだ。

 

DSCF1734

 

マインドフルネスとは、「集中しながらリラックスした状態」。

映画マトリックスで、時間がゆっくりになり、周りも自分自身もよく俯瞰できている描写があるが、

あのような状態と言われている。

 

実は、日本が発祥した” 禅 ” が、マインドフルネスのルーツである。

それは米国を中心に、世界で大きなムーブメントを起こした。

 

科学的にもその効果が検証され、スポーツ界だけでなく、ビジネスパーソンを始め、

一般にも新しいライフスタイルのキーワードとして認知されてきている。

 

そこで、この度はマインドフルネス・トレーニングアプリ「MYALO」を使って、

参加者の方にも実際に体験をしていただいた。

 

 

DSCF1745

 

↓  参加者の方々の姿勢が綺麗に揃った場面

DSCF1746

 

マインドフルネストレーニングを通し、

ポジティブ感情や思考を作り出したり、

客観視する力、自分をコントロールする力、創造力などをアップすることができる。

 

 

極限状態にいながらも「最高の自分」でい続けるためのトレーニングとして、

栗城氏のトレーニングメソッドにもマインドフルネスと共通するものがあり、

とても盛り上がった対談であった。

 

 

マインドフルネス・トレーニングアプリ

「MYALO」

http://myalo.campus-h.com

 

ぜひ、お試しください!!

アプリダウンロードはこちらから

↓ ↓

https://myalo-app.com/LP/

2016-01-22 | Posted in NEWSComments Closed